OPP袋などに封入してお渡しするといった機会もあることでしょう。

印刷をしてオリジナルのOPP袋を利用

書類などを配る場合に、OPP袋などに封入してお渡しするといった機会もあることでしょう

そのような場合に多く活用されるのは、透明の袋であることが多いと言えます。

もしオリジナル性を出したいと考えられた場合には、透明の袋ではなく専門の業者に袋に印刷を依頼して、オリジナルのOPP袋を製作することもひとつの方法となりえます。

独自性をもたせることで、透明のものよりも印象に残すことができるでしょう。

印刷は3,000枚以上から依頼することが可能となります。

具体的には、透明の袋に一色を追加する方法と、フルカラーで印刷をする方法、また白い袋に一色を追加するなどの方法を選ぶことができます。

それぞれの方法と依頼枚数により料金が異なっており、ホームページ上にて価格の違いを確認することができます。

またサイズをA4または長3から選ぶことができるため、書類の手渡しや郵送に利用するなど用途にあわせて選択することができるため便利と言えます。